つまみ

ニュース

インタラクション2011で インタラクティブ発表賞を受賞

11年03月30日

3月11日に、日本科学未来館で開催されたインタラクション2011において、関根雅人くん、兼田麻衣さん、重田佑介くんが発表した「自然な対話を実現する合成デザインの一考察」が、インタラクティブ発表賞を受賞しました。

おめでとう!

本研究は、ロボットや人形同士が音声合成を使って話をするときに、感情をこめた自然な対話に聞こえるための、音声合成パラメータのデザインガイドラインを提案したものです。

例えば、相手の話に同意する際に、よく「そうだね」と答えます。「そうだね」という同意の感情表現は人間であれば容易に発声できるのですが、ロボットによる音声合成ではこれがとても難しい問題になるのです。この問題を少しでも解決するために、NTT研究所と共同し、試行錯誤を繰り返しながら実験を行って、本発表に結びつきました。