つまみ

ニュース

ランチ革命なるか!お弁当の新しいスタイルを実現

16年07月05日

小川研究会では、鉄道サービスに関連するメディアデザインを10年間実施しています。2015年春学期に新たに取り組み始めたのが、桜木町駅の専門店街「CIAL桜木町」の店舗をプロモーションするメディアデザインです。研究会の学生たちが、異なるお店のパッケージを統一する事により、好きな惣菜を美しくセットして、自分なりのお弁当を作ってランチを楽しむ、という新しいスタイルのお弁当サービスを提案しました。

これをもとにJR東日本、CIAL等とのプロジェクトチームにおいて検討・試作検証を行った結果、今年7月に「CIAL桜木町」にて9店舗87種類のお惣菜を統一パッケージで用意した新たなお弁当サービスをトライアル提供することになりました。

お弁当チームの発表と討論.jpg

お弁当が使われる現場を観察しながら、新しいお弁当を試作し、月に1回、皆の前でプレゼンを行って、そのフィードバックをもとに改良を加える、ヒューマンセンタードデザインの手法を適用しています。

お弁当箱の試作.jpg

試作をしながら、お弁当チームのメンバーがいろいろアイデアを考えています。

obentou_cial.jpg

これが最終的に「CIAL桜木町」でトライアルするお弁当箱のプロトタイプです。