つまみ

アウトプット

沿線物語(2008年春)

東海道線班山手線班小田急線班

6つの沿線をフィールドに、「場所のメディア」を考える

2008年度春学期はグループワーク「沿線物語」を製作した。
フィールドは6つ、江ノ電/京王井の頭線/東海道本線/小田急江ノ島線/山手線/京急/横浜市営地下鉄と多種多様。
それぞれの班は映像やスライドなど様々な表現手段を駆使し、趣向を凝らした発表を行った。

狙い

場所をめぐる人びとの物語を創作することで場所と人のかかわりを体感する。

方法

JRや私鉄の沿線でグループを構成し、グループ内で駅をいくつか設定する。
自分たちの考えた配役とシナリオで、それぞれの駅 をめぐる物語を作成する。

発表

現地で演じたビデオや写真に、せりふやト書きなどを加えて、グループ単位で発表する。